33市町村わがまち自慢

- 八幡平市 -

松川地熱発電所にて利活用を学ぶこども達

国際交流のきっかけになった特産のリンドウ

豊かさを求めて、面白い人が集まるまち

八幡平の魅力はなんと言っても「四季折々豊かな景色を楽しめること」「静かで落ち着く場所であること」「距離感が丁度良いこと」。子育てや自活して豊かな暮らしをしたい方におすすめしたい地域です。

東京から4時間程で来られる距離なのに、豊かな資源に恵まれています。豊富な湧水や温泉、美しい風景を求めて世界中から人が訪れています。中には気に入ってそのまま定住される方も多数います。

山々に囲まれた農と輝きの大地、八幡平市では少人数だからこそ、地域の利点を活かした生きる力を高める子育てが行われています。田植え体験ひとつとっても、収穫から商品化、販売まで小学生自ら携わる授業もあります。

今は機械化が進み効率重視の工程を、あえて昔ながらの手作業で教えることもこだわりの一つ。楽しみながら自発性を養い、受け継がれてきた日本の精神を大切にしながらも積極的に国際交流や最先端のIT教育にも取り組んでいます。地域の大人と積極的に交流することで、社会に出た時に重要なコミュニケーションスキルも小さいうちから自然に養われます。

また地熱や雪を産業に利活用し、資源を大切にしながら市民が暮らしやすいまちづくりを目指しています。

集中受付期に相談する

今すぐ問い合わせる

参加して欲しいイベント

山賊まつり

八幡平の大自然に囲まれたさくら公園イベント広場で八幡平山賊まつりは行われます。開催期間中は、姉妹都市宮古市田老町から海の幸を、友好都市名護市からは、沖縄の特産品を販売いたします。ヘリコプターによる八幡平飛行遊覧もございます。

【開催日】毎年10月上旬(体育の日を含む3連休)※令和2年は2日間の開催。
【開催時間】10:00~16:00
【連絡先】八幡平市観光イベント実行委員会(八幡平市観光協会)

利用してほしい制度

先輩移住者

2016年移住 塚田 崇博さん / 人事コンサルティング業

京都から移住したきっかけは父の影響。日本中を旅してきた父が23年前定年を機に第二の人生のステージとして選んだのが、八幡平市平舘でした。
当時高校生で、山なら他にもあるのにと思っていたが、移住後父と暮らしてみて、時間の過ごし方や自然に寄り添う暮らしに父が憧れたのもよく分かりました。山好きの父が言うには、山をいつも眺められる平地が広くある。そして里文化、自然と共に生きるというテーマを捉えながらも自分らしい生活もできる。畑をやりながら、春は山菜採り、夏は登山、秋はキノコ採り、冬はウインタースポーツなど四季を通して楽しめる。

確かに、4年住んでみて、改めて良いところだなと感じました。
住いの不安は都会に比べれば、はるかに安く、仕事は介護や農業などに加え、豊富な観光資源を活用した産業も多くあるので心配ない。元々街道沿いの町ということもあり他所から来る人へ抵抗感があまりなく、人によってはとても歓迎してくれる。

移住前に仕事などの不安もあると思うのでZoomなど活用して相談してみてください。今までの経験より「これから何をしたいかが」大切だと思います。
もし今何か変えたいものがあるのであれば、良い転機になると思います。

集中受付期に相談する

今すぐ問い合わせる

この自治体を詳しく調べる